フラボノイドの含有量が豊かなプロポリスの効果・効能が究明され…。

「便が詰まることは、大変なことだ!」と思わないといけないのです。できるだけ食品であるとかエクササイズなどで生活を計画的なものにし、便秘とは無関係の生き方を築き上げることがホントに大事になってくるのです。
さまざまな人間関係に限らず、大量の情報が錯綜している状況が、更にストレス社会を悪化させていると言っても過言じゃないと思われます。
黒酢が含んでいるアルギニンと呼ばれるアミノ酸は、細くなってしまった血管を太くするといった機能を果たしてくれます。かつ、白血球がくっ付いてしまうのを妨害する効果もあるのです。
プロポリスには、「完全無欠の万能薬」と言い切れるほどの素晴らしい抗酸化作用が備わっており、うまく服用することで、免疫力を引き上げることや健康の維持・増進を望むことができるはずです。
アミノ酸というものは、疲労回復に役に立つ栄養素として通っています。全身への酸素供給にも力を発揮しており、筋肉疲労の回復は当然の事、疲れた脳の回復であるとか満足できる睡眠をアシストする働きをしてくれるのです。

アミノ酸というのは、身体を構成している組織を作るのに欠かせない物質と指摘されており、大部分が細胞内で合成されているそうです。そうした多種多様なアミノ酸が、黒酢にはたくさん詰まっているわけです。
医薬品だとすれば、服用の仕方や服用の量が厳格に規定されていますが、健康食品については、摂取の仕方や摂取量について指示すらなく、幾ら位の分量をどのように飲むのが効果的かなど、個人任せな点が多いと言っても過言ではありません。
プロポリスのウリである抗酸化作用には、老化の誘因である活性酸素の活動を抑止する効果も含まれていますので、アンチエイジングにも良い影響を齎し、健康&美容に関心を持っている人にはイチオシです。
年を取るごとに脂肪がついてしまうのは、身体の様々な部位に存在するべき酵素の量が落ち込んで、基礎代謝が低下してしまう為です。基礎代謝量を増加させることが可能な酵素サプリをご紹介します。
今では、いくつもの健康食品メーカーが特色ある青汁を市場投入しています。それぞれの違いは何なのか分かりかねる、種類がありすぎて選択できないと仰る人もいらっしゃるでしょう。

食べた物は、消化器官を進んでいく途中に、その器官の消化液内にある消化酵素のパワーで分解され、栄養素へと大きく変わって各細胞に吸収されると教えられました。
サプリメントに関しては、医薬品とは違って、その働きであるとか副作用などの詳細な検査までは満足には行なわれていないのが実態です。更には医薬品との見合わせる時には、気をつけなければなりません。
フラボノイドの含有量が豊かなプロポリスの効果・効能が究明され、注目を集め出したのはつい最近の事にもかかわらず、今となっては、世界的にプロポリスが入った健康食品は人気抜群です。
常に便秘状態だと、苦痛でしょう。何をやろうにも気力が出ませんし、特にお腹が凄いパンパン!ところが、こういった便秘を回避することができる考えてもみない方法を発見しました。一刻も早く試してみることをおすすめします。
今日では、数多くのサプリメントだったり健康機能食品が知られていますが、ローヤルゼリーと同じようなレベルで、ありとあらゆる症状に効果を見せる素材は、一切ないと言ってもいいでしょう。

白血球の増加を援助して…。

ローヤルゼリーを買って摂取してみたという人を追跡調査してみると、「何も変わらなかった」という人もかなりいましたが、それに関しましては、効果が認められるまで服用し続けなかったというだけだと言っても過言ではありません。
遠い昔から、美容&健康を目指して、世界的な規模で飲まれてきた健康食品がローヤルゼリーになります。その作用はさまざまあり、若い人から年取った人まで関係なく摂取され続けているのです。
青汁にすれば、野菜の秀でた栄養を、時間も手間も掛けずにサッと摂り込むことができますので、普段の野菜不足を良化することができるというわけです。
黒酢が有していて、アルギニンという名のアミノ酸は、細くなってしまった血管を元に戻すといった機能を果たしてくれます。これ以外に、白血球が互いにくっ付くのを遮断する作用もあります。
健康食品に関しましては、いずれにせよ「食品」であり、健康の保持をサポートするものです。ですから、それだけ取り入れていれば、より健康的になれるというのではなく、現在の健康状態を維持するためのものだと考えた方が良いと思います。

新規で機能性表示食品制度がスタートしたのをきっかけに、保健機能食品業界全体が活性化し出したようです。健康食品は、容易く手に入れることができますが、服用の仕方に気をつけないと、身体に被害が齎されます。
多岐に及ぶコミュニティに加えて、種々の情報が溢れている状況が、なお一層ストレス社会を作り出していると言っても、何ら問題がないと思われます。
口に入れた物は、消化器官を進行中に、その器官の消化液内にある消化酵素の力で分解され、栄養素になり変わって各組織に吸収されると教えられました。
太り過ぎていても痩せ過ぎていても、死亡率が上がることが証明されています。自分の適正な体重を知って、理に適った生活と食生活を守り通すことで、その体重を維持していくことが、生活習慣病の予防に必要なことだと言えます。
白血球の増加を援助して、免疫力を強化する作用があるのがプロポリスで、免疫力を増強すると、がん細胞を根絶する力も上がるという結果になるのです。

サプリメントに関しては、医薬品とは異なり、その効能あるいは副作用などの詳細な検査までは満足には実施されていないものがほとんどです。この他には医薬品と併用するという際は、十分注意してください。
健康食品と申しますのは、法律などではっきりと定義されているわけではなく、世間一般では「健康維持に貢献する食品として利用するもの」を言っており、サプリメントも健康食品のひとつです。
殺菌作用を保持していますので、炎症を抑制することが望めます。昨今では、日本のいたるところの歯科医院の先生がプロポリスが見せる消炎作用に関心を寄せ、治療を実施する際に導入しているとのことです。
栄養を確保したいのなら、日常の食生活を充実させることが先決です。日頃の食生活において、足りていない栄養成分を補填する為のものが健康食品であり、健康食品オンリーを摂取していても健康になるものではないと断言します。
栄養についてはさまざまに論じられていますが、大切なことは、栄養は「量」を目標にするのではなく「質」だということです。大量に食べることを実践しても、栄養がしっかりと確保できるわけではないことは理解しておくべきです。

黒酢についての注視したい効果効能は…。

黒酢についての注視したい効果効能は、生活習慣病にかからない体づくり及び改善効果だと言えます。とにかく、血圧を正常値に戻すという効能は、黒酢に備わっているありがたい強みだと考えます。
人の体内で生み出される酵素の量は、生誕時から限定されているらしいです。最近の人は体内の酵素が足りないと言われており、主体的に酵素を確保することが必要となります。
バランスまで考え抜いた食事であったり規律ある生活、エクササイズなども大事になりますが、現実を見ると、それらの他にも人々の疲労回復に実効性のあることがあるそうです。
消化酵素に関しては、口にしたものを組織が吸収できるサイズまで分解する働きをします。酵素量が充分にあると、口に入れたものは円滑に消化され、腸の壁から吸収されるのです。
待ちに待った機能性表示食品制度が始まったことをきっかけに、保健機能食品業界全体が賑わいを見せています。健康食品は、容易くゲットできますが、でたらめに摂取すると、身体に被害が及びます。

痩せ過ぎていても太り過ぎていても、死亡率は上昇します。自分自身に相応しい体重を把握して、自分を律した生活と食生活を遵守し、その体重を保持していくことが、生活習慣病の予防で一番肝になる部分でしょう。
どういった人でも、1回は耳にしたことがあったり、ご自身でも体験したことがあるに違いないストレスですが、果たしてどういったものなのか?皆様は本当にご存知ですか?
プロのスポーツマンが、ケガのない体を我が物にするためには、栄養学を学んで栄養バランスを良化することが必須条件です。それを実現するにも、食事の摂食法を自分のものにすることが必須となります。
サプリメントに分類されるものは、医薬品とは異なり、その目的や副作用などの検証は十分には行なわれていないことが通例です。それに加えて医薬品との見合わせるような場合は、気をつけなければなりません。
健康食品と言いますのは、法律などで明快に明文化されておらず、通常「健康維持の助けになる食品として服用するもの」を意味し、サプリメントも健康食品だとされています。

パンあるいはパスタなどはアミノ酸量が大したことありませんし、御飯と同時に食べることはありませんから、肉類だの乳製品を同時に摂取するようにすれば、栄養も補えますので、疲労回復も早まるでしょう。
栄養のバランスがとれた食事は、生活習慣病に罹患しないためのベースだと言えますが、厳しいという人は、なるだけ外食や加工された品目を摂取しないように意識しましょう。
今日では、いろいろな会社がユニークな青汁を販売しているわけです。何処に差があるのかさっぱりわからない、種類がありすぎて選定できないと感じられる方もいることと思います。
それほど年をとっていない人の成人病が例年増加していて、これらの病気の主因が年齢だけにあるのではなく、連日の生活の色々な部分にあることが分かったため、『生活習慣病』と称されるようになったと聞かされました。
劣悪な生活スタイルを悔い改めないと、生活習慣病に罹ることは否定できかねますが、これ以外に想定される原因として、「活性酸素」を挙げなければならないでしょう。

いつも超忙しいと…。

栄養を確実に摂りたいなら、いつもの食生活にも留意が必要です。常日頃の食生活で、充分じゃないと思しき栄養素を補充する為のものが健康食品であり、健康食品ばかりを口に入れていても健康になれるものではないと認識していてください。
生活習慣病に罹らないようにするには、好き勝手な生活習慣を正すのが何よりだと言えますが、常日頃の習慣をいきなり変更するというのは大変と感じてしまう人もいると感じます。
いつも超忙しいと、ベッドに入ったところで、どうしても寝付くことができなかったり、何度も目を覚ましたりする為に、疲労感に苛まれるなどというケースが多々あることと思います。
殺菌する力がありますので、炎症を拡大させない役目を果たします。今日この頃は、日本のいたるところの歯科医院の先生がプロポリスが持っている消炎機能に目を向け、治療を行う際に取り入れているとも聞いています。
健康食品を詳しく調査してみますと、現に結果が出るものも稀ではないのですが、残念なことに科学的根拠もなく、安全なのかどうかもクエスチョンマークの極悪品もあるようです。

人間の身体内で活動している酵素は、二つの種類に分けることが可能です。口に入れたものを必要な大きさに分解して、栄養に変える働きをする「消化酵素」と、それを除外した「代謝酵素」となります。
銘記しておいてもらいたいのは、「サプリメントは医薬品とは一線を画する」という現実でしょう。どんなに素晴らしいサプリメントでも、三回の食事そのものの代わりにはなれないと断言します。
体内で作られる酵素の容量は、生まれながらにして決まっていると発表されています。今の若者は体内の酵素が足りないと言われており、進んで酵素を確保することが必要不可欠になります。
ローヤルゼリーは、あまり採集できない稀な素材だとされます。人工的に作られた素材とは違いますし、自然素材であるにもかかわらず、多彩な栄養素を保持しているのは、実際賞賛に値することなのです。
黒酢は脂肪を低減させるのに加えて、筋肉の補強を手助けします。簡単に言うと、黒酢を摂ったら、体質が太らないタイプに変わるという効果と脂肪を落とせるという効果が、双方ともに手にすることができると言ってもいいでしょう。

食べ物は、消化器官を通過する時に、その器官の消化液内にある消化酵素の営みで分解され、栄養素に生まれ変わって体全体に吸収されるというわけです。
プロポリスの効能として、圧倒的に有名なのが、抗菌作用だと思われます。太古の昔から、怪我をしてしまった時の薬として利用され続けてきたという実態があり、炎症を鎮める働きがあると言われております。
「俺には生活習慣病など心配ないし大丈夫だ!」などと決め込んでいるかもしれないですが、質の悪い生活やストレスが元で、内臓はジワジワと酷くなっていることもあり得るのです。
太り過ぎ・痩せ過ぎの両方とも、死亡率は上がってしまいます。理想的な体重を認識して、適切な生活と食生活によって、その体重を維持し続けることが、生活習慣病の予防にとって欠かせないことだと断言します。
酵素と呼ばれるものは、食物を必要な大きさまでに分解して、身体に欠かすことができない栄養素を吸収したり、栄養素を使って、全細胞を創造したりという役目を担います。これ以外には老化を抑制し、免疫力を高めることにも関与しているのです。

高いお金を出して果物もしくは野菜を購入してきても…。

高いお金を出して果物もしくは野菜を購入してきても、食べつくすことができず、やむなく捨て去ってしまうことになった等々の経験がおありではないでしょうか?そのような人にちょうどいいのが青汁だと思います。
生活習慣病を防ぎたいなら、不摂生な日常生活を正常にするのが一番確実だと思われますが、日々の習慣を急遽変えるというのは無理があるとおっしゃる人もいるのではないでしょうか。
黒酢においての焦点を当てたい効能・効果というのは、生活習慣病の抑制と改善効果であろうと考えます。そうした中でも、血圧を減じるという効能は、黒酢が保有している文句なしのウリでしょう。
身体をリラックスさせ元気な状態に戻すには、身体内で滞留状態にある不要物質を除去し、必要不可欠な栄養分を摂取することが必要になります。“サプリメント”は、その助けとなるものだと言って間違いありません。
殺菌作用を保持していますので、炎症を鎮めることが可能です。今日この頃は、日本各地の歯科医院プロポリスに見られる消炎効果に注目して、治療をする際に導入しているそうです。

ストレスに堪えられない状態だと、多種多様な体調異常が生じるものですが、頭痛もその典型です。ストレスによる頭痛は、日々の習慣に問題があって起きるのですから、頭痛薬を飲んだところで痛みは治まりません。
少なくとも20種類のアミノ酸が、ローヤルゼリーには含まれています。アミノ酸と言われますと、ダイエット効果を思い浮かべるかもしれませんが、生きていくうえでないと困る成分だと言っていいでしょう。
若い子の成人病が毎年毎年増える傾向にあり、この病気の要因が年齢のみにあるのではなく、毎日の生活の色んな部分に潜んでいるということで、『生活習慣病』と言われるようになったのです。
「ローヤルゼリーの代表的成分のデセン酸は、インスリンと一緒な効果・効能があって、糖尿病Ⅱ型の予防や進行を抑止してくれることが、専門家の研究により明らかにされました。
プロポリス特有の抗酸化作用には、老化を誘発する活性酸素の役目を防御するという効果もありますので、抗老化も期待することが可能で、美容・健康に興味のある人にはイチオシです。

便秘が誘因の腹痛に耐えている人の大体が女性になります。先天的に、女性は便秘になることが多く、殊に生理中といったホルモンバランスが異常を来たす時に、便秘になってしまうのです。
ローヤルゼリーを食べたという人を調べてみると、「効果は感じられない」という方もたくさんいましたが、これに関しては、効果が現れるまで続けて摂らなかったというだけだと断言できます。
諸々の食品を食してさえいれば、否応なく栄養バランスは安定化するようになっているのです。もっと言うなら旬な食品に関しては、その期を逃したら感じ取ることができない旨さがあると言っても間違いありません。
健康食品というのは、法律などで確実に明文化されてはおらず、世間一般では「健康維持の助けになる食品として服用されるもの」とされることが多く、サプリメントも健康食品だと言われています。
代謝酵素については、取り込んだ栄養成分をエネルギーに変換するお手伝いをしたり、細胞のターンオーバーをお手伝いしてくれたりします。酵素が不足している場合、摂り込んだものをエネルギーに変えることが不可能なのです。

パスタもしくはパンなどはアミノ酸が少量しか含有されておらず…。

多様な食品を口にするようにすれば、否応なく栄養バランスは安定化するようになっているのです。更には旬な食品については、その時点でしか味わうことができない旨さがあると言っても間違いありません。
スポーツマンが、ケガに対する抵抗力のあるボディーを我が物にするためには、栄養学を学習して栄養バランスをきちんととることが要求されます。それを達成するにも、食事の摂取方法を身に付けることが必要不可欠です。
医薬品ということなら、のみ方やのむ量が確実に定められていますが、健康食品に関しましては、飲用の仕方や飲用の分量に定めがなく、どれくらいの分量をどうやって摂ったらいいのかなど、あやふやな部分がかなりあると言えます。
便秘で苦しんでいる女性は、予想以上に多いと言われています。どんなわけで、そんなに女性は便秘になってしまうのか?それとは反対に、男性は消化器系が弱いことが少なくないみたいで、下痢に苦しめられている人もかなりいると聞いています。
太り過ぎても痩せ過ぎても、死亡率はアップすると発表されています。自分にふさわしい体重を把握して、適切な生活と食生活を遵守し、その体重を維持し続けることが、生活習慣病の予防に繋がるはずです。

フラボノイドの含有量が多いプロポリスの効用・効果が検証され、人気が出始めたのはここ10年前後の話になるのですが、近頃では、グローバル規模でプロポリスを使用した商品が大好評です。
栄養についてはたくさんの情報があるわけですが、何と言っても大切なことは、栄養は「量」じゃなく「質」だよということです。満腹になるまで食べることに頑張ったところで、栄養がしっかりと確保できるわけではないことを意識してください。
新陳代謝を進展させ、人間が元来持つ免疫機能を上向かせることで、各自が秘める潜在的能力を引っ張り出す効果がローヤルゼリーにあることが明らかになっていますが、その事実を実際に感じられるまでには、時間を費やす必要があります。
例外なしに、1回は耳にしたことがあったり、ご自分でも経験したであろう『ストレス』ですが、果たして真の姿というのはどういったものなのか?あなたは知識がおありでしょうか?
古来から、美容と健康を理由に、ワールドワイドに摂取され続けてきた健康食品がローヤルゼリーなのです。その効用はバラエティー豊かで、男女年齢に関係なく飲まれています。

疲労に関しては、身体とか精神に負担だのストレスがかかって、生活する上での活動量が縮減してしまう状態のことを言うのです。その状態を健全な状態に戻すことを、疲労回復と言います。
パスタもしくはパンなどはアミノ酸が少量しか含有されておらず、ゴハンと合わせて食べませんから、乳製品だったり肉類を必ず摂取すれば、栄養を補充することができるので、疲労回復に役立ちます。
便秘を解消するためにバラエティーに富んだ便秘茶とか便秘薬が流通していますが、過半数に下剤に近い成分が混ぜられているそうです。こうした成分が原因で、腹痛を発症する人だっているわけです。
毎日多忙を極める状態だと、眠りに就こうとしても、どうにも寝付くことができなかったり、何度も起きるせいで、疲労が抜けないといったケースが珍しくはないのではないですか?
年を取るごとに太りやすくなってしまうのは、身体の様々な部位に存在するべき酵素が減少して、基礎代謝が下がるからに他なりません。基礎代謝を上伸させることを狙える酵素サプリをご案内させていただきます。http://bitlog.jp/01.html

「俺には生活習慣病の心配などない」などと思い込んでいるあなたにしても…。

はるか古来より、美容と健康を目標に、ワールドワイドに飲まれてきた健康食品がローヤルゼリーになります。その効果というのはバラエティー豊かで、若い人から老人にいたるまで飲まれています。
ストレスが疲労を引き起こす要因となるのは、身体が反応するようにできているからなのです。運動に集中すると、筋肉が動いて疲労するのと何ら変わりなく、ストレスが現れると身体全部の臓器が反応し、疲れの誘因となるのです。
アミノ酸についてですが、疲労回復に役に立つ栄養素として高評価です。全身への酸素供給をサポートし、筋肉疲労の回復を筆頭に、疲れた脳の回復ないしは理想の眠りを支援する役割を担います。
黒酢における重要視したい効能といいますのは、生活習慣病の防止と改善効果であろうと考えます。何より、血圧を改善するという効能は、黒酢にもたらされた最高のメリットだと思います。
「俺には生活習慣病の心配などない」などと思い込んでいるあなたにしても、質の悪い生活やストレスが影響を及ぼして、身体内は徐々に正常でなくなっていることも考えられるのです。

殺菌機能を持っていると言えますので、炎症を悪化させない働きをしてくれます。近年では、日本においても歯科医がプロポリスが有している消炎力に目を付け、治療時に愛用しているのだそうです。
フラボノイドの含有量が豊かなプロポリスの効果・効能が検査され、人気が出だしたのは遠い昔の話ではないにもかかわらず、ここにきて、ワールドワイドにプロポリスを盛り込んだ商品が高評価を得ています。
生活習慣病と言いますのは、テキトーな食生活のような、体に悪い影響が齎される生活を繰り返すことが要因で陥る病気だとされます。肥満なども生活習慣病の一種になります。
便秘克服用に数々の便秘茶もしくは便秘薬などが店頭に並んでいますが、多くに下剤に近い成分が入れられているとのことです。そうした成分が悪影響を及ぼして、腹痛を起こす人だっています。
プロポリスの効果として、とりわけ認知されているのが抗菌作用だと言っていいでしょう。古来から、けがをした際の治療薬として使われ続けてきたという現実があり、炎症を抑えることが望めると言われております。

プロポリスには、「唯一の万能薬」と言ってもいいような抜群の抗酸化作用が見られ、効率的に摂取することで、免疫力の増強や健康状態の強化を期待することができると思われます。
最近は健康に対する危機感が広まりつつあるようで、食品分野を見ても、ビタミン類といった栄養補助食品とか、塩分が抑えられた健康食品の市場ニーズが伸びているようです。
「クエン酸と聞けば疲労回復」と発するほどに、クエン酸の効用として広く知れ渡っていますのが、疲労を低減させて体調を正常化してくれることです。どうして疲労回復に寄与するのでしょうか?
脳に関しましては、横になっている間に体全体のバランスを整える指令とか、毎日毎日の情報整理をする為に、朝の時間帯は栄養が足りない状態だと言えるのです。そして脳の栄養と言えるのは、糖だけだと言われています。
サプリメントは健康に役立つという視点に立つと、医薬品と似通っているイメージがしますが、実際は、その機能も承認方法も、医薬品とは大きく異なると言えます。

善玉菌サプリ
http://xn--vek093gj4tpuar19bdww.com/

便秘解消は日常生活の改善から

わたしが便秘解消のために行ったことは、「日常生活の改善」です。え?これだけ?と思う方が多いかとは思うのですが、変にサプリメントやトレーニングに頼っていてはいつまでたっても自分がなまってしまえば元に戻ってしまいます。

これはダイエットでいうリバウンドと同じようなことであって、いきなり良くしていったものを一度緩めたら元に戻ります。ましてやさらに解消できたという喜びから余計に気持ちがたるんで悪化したりします。そこで1番改善に効果があり、さらに継続できるのは「日常生活の改善」なのです。便秘の根本的な部分へ戻ってみると、たしかに便秘の原因自体は普段の日常生活にあるとは思いませんか?

例えば、食生活で野菜や乳酸菌が入った食べ物を摂取しがちになっていたり、まったく運動をしていなかったり、また睡眠不足な毎日が続いていたり。

そういった日常生活の乱れによって便秘という症状が発生するのです。だからまずそこから改善するべきでは無いのでしょうか。まず始めたのは食事のときはなるべく野菜ジュースを飲んで、積極的に食物繊維の多い食品などを食べることです。

そして、朝起きる時間や寝る時間を必ず一定の時間にするようにして、時間があったらすぐ外へランニングやジョギングをしに行きました。そんなに厳しい条件などをつけずになんとなく改善してみたら、数週間で少し便秘が改善されて、毎朝に必ず便意を感じることができるようになったのです。やはりこれが最大の改善法なのでは無いでしょうか?

引っ越しをして大変だったこと

引っ越しを何回か経験していると、よくある問題が引っ越しそばを食べるか食べないかですね。私の場合は、最初に単身で引っ越しをしたときは、記念になるかと思い食べましたけど、二回目三回目になると、さすがに食べなくなりました。

それと、これもそのときによってまちまちなのですが、引っ越す前の家の電気や水道をいつ止めるかという問題も引っ越しをしたときに出てきました。一度、水道を先に止めてしまい、引っ越し当日には、トイレが使用できないという事態になったことがあります。その時はトイレを我慢するのが大変でした。最終的には、近くの公園のトイレに行ったのですが。

あとよくあるのが、引っ越しをして、二年とか三年、場合によっては、次の引っ越しまで、開けない段ボールなんかも押入れの奥に残っていたりします。引っ越しをする準備をしているときは、これは捨てられないと思っていた物でも、いざ箱に詰めてしまうとその存在自体忘れてしまうことがたまにあります。

片づけられない女の断捨離

以前の私はかなりの「片付けられない女」でした。住んでいたのはワンルームの古いアパートだったのですが、ベッド以外のところには物が散乱し、広い部屋へ引越したいけれど、どこから手を付けてよいやらわからない状態だったのです。断捨離しなければと思いつつ、行動には移せない日々が続いていました。

ところが、アパートの大家さんが高齢のため廃業したいのでアパートを取り壊すという話が出て、私は慌てました。何とかすぐに引越し先を決めることが出来たのですが、問題は今住んでいる部屋の断捨離です。

それまでは、一度も部屋に友人を入れたことが無かったのですが、困り果てた私は親友に事実をありのままに相談しました。親友は、私の部屋の状況を見て絶句…。でも、一緒に何とかしよう!と言ってくれて、その日からふたりがかりでの断捨離が始りました。

親友は、とても思い切りの良い性格なので 「これ、いらないよね?!捨てちゃうからね!」 と、どんどん物を選別して行ってくれます。自分で断捨離が出来れば一番良いのですが、私のように優柔不断で物を溜め込みがちな性格の人間は、思い切って人の助けを借りることも大切だなと感じました。親友には感謝です。1週間程断捨離を続け、ずいぶん部屋もすっきりして来ました。

そしていよいよ、引越し当日。 親友は、引越しの荷造りまで手伝ってくれました。 その上、 「新しい部屋では、定期的に私が断捨離を手伝いに行くからまかせてね」 と言ってくれました。

親友が断捨離を手伝ってくれたおかげで、私は持ち物を減らすことに成功し、そのおかげで引越し代も予算よりかなり少なくて済みました。 引越しの時はもちろんのことですが、普段から持ち物を少なくしてシンプルな暮らしを心掛けることが大切だなと痛感しました。

また、定期的に断捨離をすることで、私のような溜め込む性格の人間でも、いざと言う時に身軽に引越しすることが可能だということも身を以て実感できました。これからも断捨離を続けて行こうと思います。